ブログ

スティーブジョブズの死因と命日は?名言のスピーチ動画は必見!

スポンサーリンク

スティーブ・ジョブズ 画像アップルといえば、今世界中で知らない人がいないくらい普及していきました。その創業者であるスティーブ・ジョブズ氏ですが、残念なことに56歳の若さで亡くなってしまっています。スティーブ・ジョブズ氏の死因や彼の残した必ず見たほうがいい名言・スピーチをまとめます。

 

スポンサーリンク

まずは、スティーブ・ジョブズ氏のプロフィールから確認してみます。

スティーブ・ジョブズプロフィール

 

[deco_bg image=”paper3″ width=”450″]

ジョブズ 画像名前:スティーブン・ポール・ジョブズ
(Steven Paul Jobs)

生年月日:1955年2月24日

死没:2011年10月5日

出身校:リード大学

職業:アップル社 元会長(創業者、元CEO)

[/deco_bg]

 

言わずと知れたアップル社の創業者のスティーブ・ジョブズ氏。
アップルがアップルコンピューターの時代に、『Macintosh』を開発し、
当時のパソコンの中では他を圧倒するクオリティーでした。

 

しかし、その後マイクロソフトにシェアを奪われ、『Macintosh』を
使用している方はデザイナーさんだったり一部の方になります。

images (45)

あとで紹介する『スティーブジョブズ伝説のスピーチ』の中で、
ジョブズ氏は一度自分が設立したアップル社を解雇されている
エピソードが出てきますが、復帰後革新的な製品の開発をどんどん
行い、アップルは今の不動の地位を獲得していくことになったのです。

 

そんな快進撃の中、スティーブ・ジョブズ氏は56歳という若さで亡くなられました。
その原因はなんだったのでしょうか?

 

スティーブ・ジョブズの死因とは?

2011年10月5日に自宅で亡くなられたスティーブ・ジョブズ氏。
その死因はすい臓がんです。
ガン自体はかなり前に発見しており、実は56歳までも生きられない
体だったのです。そこで彼は手術を繰り返し奇跡を起こし、
56歳まで生きることが出来ました。

 

もっと長生きして、世の中をびっくりさせる製品を開発して
欲しかったという気持ちもあり残念ですが、今までの実績からしても
かなりの偉人だということは間違いありません。

 

スティーブ・ジョブズの心に響く名言

偉人は多くの名言を残します。
スティーブ・ジョブズ氏ももちろんそのひとりです。
先ほども触れましたが、ジョブズの伝説のスピーチは必見ですので、
まだ見たことがない方は是非一度はチェックしてみてください。

 

スタンフォード大学の卒業式でのスピーチです。
プレゼンテーション能力も抜群なのですが、内容に胸を打たれます。

 

この動画を見るポイントを先にご紹介しておきます。

・点を繋げること

・愛と喪失

・死について

 

動画を見てどうでしたか?
たくさんの心に響く言葉がありました。

 

『点と点の繋がりは予測できない、繋がることを信じる』
『愛する仕事を見つける、なくても探し続けること』
『今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?』
『死を覚悟して生きれば、失うという心配をせずにすむ』
『あなたの時間は限られている。無駄に他人の人生を生きないこと』
『Stay hungry. Stay foolish.(ハングリーであれ。バカであれ。)』

 

偉人の言葉は非常に深いものがあります。
何度聞いてもジーンとしてしまいますよね。

 

今は失意の中でも、必ず這い上がれる!
そう信じて行動してしていきたいものです。

 

スティーブ・ジョブズ氏に感謝です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

犬派 vs 猫派!

アーカイブ

☆オセロゲーム☆

ページ上部へ戻る